おくり上手・おくられ上手な葬儀とは【神戸編】

大切な人のためのお葬式ガイド
おくり上手おくられ上手
大切な人のためのお葬式ガイド
【神戸市の葬儀社・斎場】
大切な人の為のお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】 » 知っておきたい葬儀・葬式の知識 » 【番外編】エンディングノートとは?

【番外編】エンディングノートとは?

本ページでは終活のひとつとして注目されているエンディングノートとはどんなものなのかについて、とりまとめてご紹介していきたいと思います。

話題の「エンディングノート」の内容は?

エンディングノートとは、簡単に言えば、人生の最後を迎えるにあたり、ご家族などに自分の意思や希望などを書き留めておくものということになります。

例えば、ご自分が死去された後、あるいは判断力や意思疎通の能力を失ってしまう病気に罹った時などに、ご自身がご家族にどうして欲しいのかを書いておけば、ご家族はその内容に準じた対応を行うことができます。

なにを書くかは全くもって自由ですが、主なものとして、以下のような内容が挙げられます。

  • 意思疎通ができない病気になった場合に、延命措置を望むか否か
  • 自身に介護が必要になった場合、どんなことを希望するか
  • 保有している財産・貴重品にどんなものがあるのか
  • 自身が死去した際の葬儀に関する希望
  • 相続に関する方針や希望
  • プロフィール、自分史、家系図 など

なお、注意すべき点として、エンディングノートに記載された相続に関する内容には、法的効力はありません。例えば遺産のすべては長男に相続させたいというような場合には、きちんとした遺言書(公正証書遺言が望ましい)を別途作成しておくべきです。

神戸でのエンディングノートに関する情報

さて、このエンディングノートは、我らが神戸においても、その意義や約割といったものが注目されており、専門家を講師に招いたセミナーなどが度々開催されており、地元神戸新聞などでも記事に取り上げられています。

また、こうした時流をうけ、書籍や文具としてエンディングノートが販売されるように。加えて、自治体やNPOなどが無料配布してエンディングノートに関する講座を行うといったことも増えてきています。

我らが神戸市においては、中央区八幡通の神戸市役所向かいに所在する相続手続支援センター兵庫が、相続に関する支援の一環として、エンディングノート「わたしの歩いた道」の無料配布や、書き方セミナーを開催しています。興味はあるけどどう書いてよいか分からない…そんな方はぜひ、こうした機会を利用されてはいかがでしょうか。

大切な人のためのお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】厳選3社を見る

緊急時にも安心して相談
できる業者とは?

厳選
神戸で信頼できる葬儀社紹介

PAGE TOP