おくり上手・おくられ上手な葬儀とは【神戸編】

大切な人のためのお葬式ガイド
おくり上手おくられ上手
大切な人のためのお葬式ガイド
【神戸市の葬儀社・斎場】
大切な人の為のお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】 » 知っておきたい葬儀・葬式の知識 » 互助会のメリットとは?

互助会のメリットとは?

本ページでは、冠婚葬祭業者の組織である互助会についての概要や、神戸における加盟業者などの情報をご紹介していきたいと思います。

そもそも互助会とはどんなもの?どんな利点があるの?

互助会とは、会員から毎月の積立金を徴収することで組織を運営し、会員が冠婚葬祭の催事を執り行う必要が生じた場合、その費用の一部(主に会場の使用料)をそれまでの積立金から補充されるという仕組みになっています。

プランにもよりますが、月々の積立金は1,500円~3,000円位。また、葬儀だけでなく、仏壇の購入や法要、さらには結婚式や七五三といったおめでたい行事にも利用できます。

なお、互助会という組織は、業者団体が勝手に運営できるものではなく、経済産業省の認可を受けなければなりません。また会員から徴収した積立金の1/2以上を、大手銀行と業界が共同出資した「互助会保証株式会社」に供託することが義務化されています。こうした点からも、信頼度や安心度は高いと標榜されています。

神戸の方が入会できる、冠婚葬祭互助会の例

株式会社ベルコ

業界歴35年以上の大手企業になります。三宮のセレモニーホールなどが利用できます。

京阪互助センター

こちらは大阪や和歌山などをカバーする業者です。大阪市内および周辺エリアに斎場を保有。

互助会のメリットとデメリットは?

以上の通り、互助会の会員となるメリットには、少額の積立を行うことで、その加盟業者が所有する斎場を利用できるのに加え、全国組織なので、他の地域に引っ越したという場合でも、当地の業者を利用できるといった利点があります。

その一方で、デメリットやトラブルもあることも認識しておく必要があります。例えば多い事例としては「積立金で葬儀費用をすべて賄えるのかと思っていたら、そうではなかった」というケース。積立金はあくまで斎場の利用費用などをカバーするもので、その他の費用は別途必要という場合が多くあります。また、積立金には利息がつかず、自由な出し入れも不可。解約するには約20%の手数料が課せられるといったデメリットもあります。

こうした点をしっかり踏まえて、互助会に加入すべきかどうかを、慎重に判断すべきです。これまた一概には言い切れませんが、傾向として、中規模以上の葬儀を望むのであれば、互助会のメリットは大きくなります。逆に、家族葬や直葬など近年ニーズが高まっている小規模な葬儀であれば、葬儀社が募っている会員サービス(これも内容次第ですが)の方が、メリットが大きい傾向となっています。こうした点を、しっかり踏まえておいてください。

大切な人のためのお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】厳選3社を見る

緊急時にも安心して相談
できる業者とは?

厳選
神戸で信頼できる葬儀社紹介

PAGE TOP