おくり上手・おくられ上手な葬儀とは【神戸編】

大切な人のためのお葬式ガイド
おくり上手おくられ上手
大切な人のためのお葬式ガイド
【神戸市の葬儀社・斎場】
大切な人の為のお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】 » 身近な人が亡くなったときにすること

身近な人が亡くなったときにすること

本ページでは、親が亡くなった、あるいはご主人や奥様を亡くされたという場合に行わなければならない各種の手続きについて解説していきたいと思います。

親が亡くなった、配偶者が亡くなった・・・なにをどうすればいい?

大切な肉親や身内の方を亡くされるということは、人生においてそうそう頻繁に起こることではなく、心の準備をしていたとしても、大きなショックや悲しみに直面してしまうものです。

しかし、そうした感傷に浸っている時間はありません。やらなければならないことがたくさんあるのです。主なものをリストアップしましたので、ご覧ください。

手続と流れ

身内の方が亡くなった場合に行わなければならない各種の手続きと流れについて解説します。

死亡診断書・死体検案書の受け取り

通常、病院で亡くなった場合、死亡診断書は、死亡を確認した医師が作成し、死亡が判明した日の翌日までに交付されます。

不慮の事故などで死亡した場合は警察に連絡の上、監察医が死体検案書を交付するという流れになっており、数日程度を要します。

なお、死亡診断書・死体検案書は、後に保険や年金などの各種手続きにも必要となるので、5通ほどコピーを取っておくべきです。

遺体の搬送

病院で亡くなった場合、遺体は一旦、霊安室に安置されますが、すぐに搬送を求められます。病院と提携している葬儀社から連絡がくることが多いので、自宅などへの搬送の依頼を行いましょう。

自宅での安置が困難な場合は、葬儀社の安置施設なども紹介してもらえるはずです。

葬儀内容の打ち合わせ

葬儀会社と通夜と葬儀、告別式について具体的な内容を決めていきます。その際、強引に契約を迫り、望まない内容をゴリ押しする業者もいますので要注意。

近年では、生前相談を受け付ける葬儀社も増えているので、事前に葬儀社を決めておくというやり方もあります。

死亡届・火葬許可申請書の提出(7日以内)

死亡届は亡くなってから7日以内に故人の死亡地か本籍地、もしくは届け出をする人の所在地の市区町村役場に提出します。死亡届を出さないと火葬も埋葬もできなくなります。

故人の埋葬・火葬を行なうためには、火葬許可申請書も市区町村役場に提出する必要があるため、死亡届と同時に申請することが重要です。火葬が終了すると、火葬場から埋葬許可証が交付されます。

※これらの手続きに関しては、葬儀社でも相談や代行依頼が可能です。ただし、前述のように意に沿わない内容を押し付けてくるといった場合もあります。そのような場合は、例えば病院からの遺体搬送のみ依頼して、あとは別の葬儀業者に依頼し直すといったことも一考です。

健康保険の資格変更

故人が自営業者だったなどの場合は国民健康保険資格喪失届を、75歳以上の場合は後期高齢者医療資格喪失届を市区町村役場に提出し、健康保険証等を返却します。

故人が会社員などであった場合は、健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届を年金事務所に提出する必要がありますが、一般的には、退社手続きの一環として元の職場の担当者が行なってくれます。

また、故人の扶養家族となっていた場合は、自身で国民健康保険と国民年金に加入するか、他の家族の被扶養者になる手続きが必要です。

年金受給停止と未支給年金請求の手続

故人が年金受給者であった場合、年金受給権者死亡届を年金事務所に提出します。

ただし、年金は死亡した月の支給分までは受け取ることができますので、年金受給権者死亡届の提出とともに年金の未支給年金請求を行うとよいでしょう。

世帯主変更の手続き(14日以内)

故人が世帯主であった場合で、その世帯に15歳以上の人が2人以上いる場合、世帯主変更届を市区町村に提出する必要があります。

ただし、妻と15歳以下の幼い子供が残された場合などは、妻が世帯主になるのが明らかなので世帯主変更手続きは必要ありません。

一方、子供が15歳以上の場合はこの手続きが必要になります。

必要な手続きや準備については無料相談を活用

身内が亡くなった場合は、故人をおくり出すだけでなく、多くの書類作成や手続きも必要となります。

人によって必要なものと不要なものもあり、なかなか日常で知識を得ることのないことが多いので、まずは葬儀社に相談してみることがおすすめです。

葬儀前から葬儀後までの手続き詳細

上記で紹介したこれらの手続きは一部に過ぎません。上記の内容をより詳しく掘り下げてご紹介したページも別途設けましたので、併せてご覧ください。

病院や医師に関する手続き

上記でも述べている死亡診断書・死体検案書の受け取りや遺体の搬送につて、より詳しく解説しています。とりわけ、遺体の搬送において、病院が紹介・斡旋する葬儀社については、以下の「葬儀社選びと準備」にも関わってきますので、ぜひご一読ください。

病院や医師が紹介する葬儀社について詳しく見る

葬儀社選びと準備

率直に申し上げてしまいますと、葬儀社というものは、優良で良心的なところばかりとは限りません。遺族が悲しみや混乱のなかにいるのをいいことに、そうした状況につけ込んでくる手合いも存在しています。そうした業者を見分けるポイントを、予め知っておいてください。

葬儀社の選び方や必要な準備について詳しく見る

葬儀後にすること

上記でも述べている年金や保険、世帯主変更などに加え、故人の名義であった各種公共料金の手続きや、クレジットカード、運転免許証、パスポートなどはどうしたらよいのかについて解説しています。こちらもご一読ください。

葬儀後に必要な手続きを詳しく見る

大切な人のためのお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】厳選3社を見る

緊急時にも安心して相談
できる業者とは?

厳選
神戸で信頼できる葬儀社紹介

PAGE TOP