おくり上手・おくられ上手な葬儀とは【神戸編】

大切な人のためのお葬式ガイド
おくり上手おくられ上手
大切な人のためのお葬式ガイド
【神戸市の葬儀社・斎場】
大切な人の為のお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】 » 身近な人が亡くなったときにすること » 葬儀後にすること

葬儀後にすること

本ページでは、故人の葬儀後に必要となってくる各種の手続きに関して、主なものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

葬儀後に必要な手続きとは?

肉親やお身内の方を亡くされ、無事に葬儀を終えたら、ほっと一息つきたくなるのは人情です。しかし、あまり悠長にしている時間は、実はありません。故人に関連する各種の手続きを行う必要があるからです。決して疎かにすべきではありません。いくつか見ていきましょう。

健康保険に関する手続き

故人が会社員などであった場合は、健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届を年金事務所に提出する必要があります。ただし、通常では元の職場の担当者が退社手続きの一環として行なってくれます。一方、故人が自営業者だった場合は国民健康保険資格喪失届、75歳以上だった場合は後期高齢者医療資格喪失届を市区町村役場に提出し保険証も返却します。もうひとつ、遺族が故人の扶養家族となっていた場合は、自身で国民健康保険と国民年金に加入するか、他の家族の被扶養者になる手続きが必要です。

年金と未支給年金の請求手続き

故人が年金受給者であった場合には、年金受給権者死亡届を年金事務所に提出しなければなりません。これを怠ると、不正受給となってしまいます。ただし、年金は死亡した月の支給分までは受け取ることができますので、年金受給権者死亡届の提出とともに年金の未支給年金請求を行うとよいでしょう。

世帯主変更の手続き(14日以内)

故人が世帯主であった場合、かつその世帯に15歳以上の人が2人以上いる場合は、市区町村役場に世帯主変更届を提出する必要があります。ただし、遺族が妻と15歳以下の子供といった場合は、妻が世帯主になるため手続きは必要ありません。一方、子供が15歳以上の場合はこの手続きが必要になります。

公共料金などに関する手続き

電気、ガス、水道料金などを故人の名義で口座引き落とししている場合、本人死亡による口座凍結などで未払となる可能性があります。名義と支払口座の変更が必要になります。

クレジットカード

返却手続きは、カード会社によって異なりますので確認しましょう。なお、故人が使用したカードの未払金は、相続人が支払わなければなりません。

運転免許証/パスポート

有効期限が切れれば自動的に失効しますので、特に気にしなくてもよいでしょう。

以上の通り、葬儀後に行う必要のある手続きは実に多くあります。こうした事柄に関しても、良心的な葬儀社であれば、相談してアドバイスを受けることも可能ですので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

大切な人のためのお葬式ガイド【神戸市の葬儀社・斎場】厳選3社を見る

緊急時にも安心して相談
できる業者とは?

厳選
神戸で信頼できる葬儀社紹介

PAGE TOP